人気記事

ピックアップ記事

速報記事

with

【WITHCOIN】集団訴訟サイト「enjin」に松山光市を名乗る人物の書込みがあった模様!!

更新日:

スポンサーリンク



2018年08月19日にenjinに書き込まれた内容は↓

 
93:速報をお送りします 20XX/09/03(草) 09:03:09.03


 

大変御世話になっております。
松山光市です。
現在 仮想通貨WithCoin(WITH)は、2018年内を目処にメインネットへ移行する予定で開発が進行しています。
メインネットへの移行が行われると、それまでのネットワーク上にあるトークン(WITH)は利用出来なくなります。

 

その為、今回の移行準備に伴いまして、WITHをお持ちのホルダー様におかれましては、シェアリングエコノミーWithCoinのメインネットが公開されます迄に、お持ちのWITHを必ず手放して頂きますよう御願い申し上げます。
でないと、WITHは単なる電子屑となってしまいます。
トークンスワップは行わない為、既存のWITHに価値は全くなくなりますので御注意下さい。

 

スポンサーリンク




また、メインネット開設後の仮想通貨NeoWithCoinには、「バイバック(buy back、買い戻し)」 と 「コインバーン(coin burn)」を実施します。
発行した仮想通貨の数を減らしてしまうのは、仮想通貨の希少価値を上げて、資金の流れを良くするという目的がある為です。
バーンは運営者が保有している仮想通貨がなくなり、市場に流通していない仮想通貨の数量が減る事を指します。

 

全体の数量が減るため、NeoWithCoinは高騰することでしょうし、最早、発行枚数を増やしたという批判は意味を失います。
価格高騰が確実なNeoWithCoinを末永く応援して頂けたら幸せです。
続いて、NeoWithCoinをリリースするまでの期間にも、複数の取引所へリスティングしていきます。
Hotbit、Exrates、Yobit、チェンジリー、LATOKEN取引所、Kucoin取引所と韓国の取引所においても上場準備を開始しています。

 

詳しくは追って報告致しますのでお待ち頂ければ幸いです。
WithCoinがイーサリアムネットワークを離れ、ERC20トークンで無くなる事による予期せぬトラブルにつきましては、当方では対応致しかねますので御留意下さい。
御不便をお掛けしますが、御理解と御協力を頂けます事に感謝致しております。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【FINALICO】松山光市
発行者:松山光市
住所:澳門宗玉生廣場181-18
TEL:050-5213-0696
E-MAIL:info@final-ico.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

ここでNEO with coinについて書かれてたのか(´・ω・`)

にしても被害額やばいなwwwww

WITHの他の記事はこちら
 

93:速報をお送りします 20XX/09/03(草) 09:03:09.03


関連記事

ピックアップ記事

トレンド記事





-with
-

Copyright© 仮想通貨インフォ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.