人気記事

ピックアップ記事

速報記事

NEWS

米CMEグループのテリー・ダフィー最高経営責任者(CEO)仮想通貨先物の取り扱い拡大、急がず

投稿日:

スポンサーリンク



1: 2018/07/27(金) 16:11:53.48 _USER

→今のところはビットコインについて様子見の姿勢とるつもりだ
→大規模な資金フローは見られないが、それでも問題はない

米CMEグループのテリー・ダフィー最高経営責任者(CEO)は26日、同氏が40年近く間近で見てきたトレーディングの歴史の中で、仮想通貨ビットコイン先物が「最も論争を呼んだ商品投入だったかもしれない」と述べた上で、CMEは他の仮想通貨先物の上場を急がない考えをあらためて示した。

同CEOはブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、「商品がどう動くか見るために商品を上場するようなことはしない」と言明。「今のところはビットコインについて様子見の姿勢をとるつもりだ」と説明し、「大規模な資金フローは見られないが、それでも問題はない。どちらに行くにしてもしばらく時間を要するだろう。われわれは正しいやり方でやる」と話した。

ビットコイン先物の取引開始では、CMEと競合するCBOEグローバル・マーケッツが昨年12月に先行したが、CMEもすぐに追随した。

Bloomberg
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-07-27/PCIBGY6KLVRK01

 
93:速報をお送りします 20XX/09/03(草) 09:03:09.03


 

2: 2018/07/27(金) 16:33:42.79
急げ

 

3: 2018/07/27(金) 16:43:45.71
そのうち消えるし

 

4: 2018/07/28(土) 09:31:04.26

 

5: 2018/07/28(土) 10:22:14.97
おくりびとw

 

6: 2018/07/28(土) 10:37:11.69

価格操作が行われている限りビットコインのETFは承認されないよ

ビットコイン急下落|ウィンクルボス兄弟ETF不許可から見る、仮想通貨市場の状況変化
Coinpost

米国証券取引委員会(SEC)は、日本時間27日、92ページにも及ぶ「公式意見書 」にて、Gemini創始者ウィンクルボス兄弟の「ビットコインの特徴とビットコイン市場の仕組みにより、価格操作はされ難く、実行コストが途轍もなく高い」とした主張を受け入れなかった格好です。

同意見書にて、SECは今まで起きた取引所ハッキング盗難事件と、「ビットコイン価格は操作可能であり、しかもすでに価格操作が行われていた」との学術研究報告を根拠として、ビットコイン市場の不穏性、またこの対策を問題視しています。

 

7: 2018/07/28(土) 10:55:03.41

未だに話すやつはどんだけ騙され続けてんの?
馬鹿騒ぎから半年以経ってるけどw

その無駄に使った半年にどのくらいの価値があるとおもってるんw
蟹工船に乗れば数百万は稼げたぞw

あんなに夢中になって友達なくして家族も呆れさせて、今すぐ1000万は手に入れなきゃ割に合わない訳だが、その見込みはあるのw?

 

 

93:速報をお送りします 20XX/09/03(草) 09:03:09.03


関連記事

ピックアップ記事

トレンド記事





-NEWS

Copyright© 仮想通貨インフォ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.